CSS3が秘めた可能性にみなさんの注目も集まっているかと思いますが、本日はCSS3ボタンの実験をお見せしたいと思います。今回のアイデアは「様々なスタイル、マウス オーバー効果、アクティブステータスを持ったアニメーションリンク要素を作成する」というものです。

今回デモで使用しているアイコンはwebiconset.comから、またシンボルフォントはJust Be Niceからお借りしています。

どんなHTML構造なのか、「ノーマル」「マウス オーバー」「アクティブ」と各ステータス時のスタイリングはどうなっているのかと言うことを、1つ1つのデモで確認しながら見ていきたいと思います。

※アニメーションやトランジッションは、CSS3のプロパティをサポートしているブラウザでのみ正常に機能しますのでご留意ください。

あんまりギチギチに書き込みたくないので、CSSのベンダープレフィックスは省略しています。ご了承くださいね。

AnimatedButtons CSS3の気になる効果でアニメーションボタン

この記事は、http://tympanus.net/codrops/の許可を得て、翻訳しています。一部変更して翻訳している部分もある場合があります。オリジナルの記事はここよりご覧いただけます。

Demo 1

AnimatedButtons 01 CSS3の気になる効果でアニメーションボタン

1つ目のデモでは、それぞれ別々のコンテンツを持った大きなボタンを作成しています。ボタンのコンテンツは左側に「アイコン」と「本文」、右側に「矢印」、そしてマウス オーバー時には価格が表示されるようになっています。

HTMLマークアップ

マークアップ構造は極めてシンプルで分かり易いもので、アイコンはimgタグで囲み、他の要素はspanタグで囲んでいます。

<a href="#" class="a-btn">
    <span class="a-btn-slide-text">$29</span>
    <img src="images/icons/1.png" alt="Photos" />
    <span class="a-btn-text"><small>Available on the Apple</small> App Store</span>
    <span class="a-btn-icon-right"><span></span></span>
</a>

CSSスタイリング

スタイリングでは、マウス オーバー時にアニメーション化させたい要素に、適切なトランジッションが適用されているかどうか注意する必要があります。ここでは価格部分は透過度を0にすることで見えなくしており、複数のボックスシャドウを適用することで、より現実的な効果を作成出来るようになります。

.a-btn{
    background: linear-gradient(top, #a9db80 0%,#96c56f 100%);
    padding-left: 90px;
    padding-right: 105px;
    height: 90px;
    display: inline-block;
    position: relative;
    border: 1px solid #80ab5d;
    box-shadow:
        0px 1px 1px rgba(255,255,255,0.8) inset,
        1px 1px 3px rgba(0,0,0,0.2);
    border-radius: 4px;
    float: left;
    clear: both;
    margin: 10px 0px;
    overflow: hidden;
    transition: box-shadow 0.3s ease-in-out;
}
.a-btn img{
    position: absolute;
    left: 15px;
    top: 13px;
    border: none;
    transition: all 0.3s ease-in-out;
}
.a-btn .a-btn-slide-text{
    position: absolute;
    font-size: 36px;
    top: 18px;
    left: 18px;
    color: #6d954e;
    opacity: 0;
    text-shadow: 0px 1px 1px rgba(255,255,255,0.4);
    transition: opacity 0.2s ease-in-out;
}
.a-btn-text{
    padding-top: 13px;
    display: block;
    font-size: 30px;
    text-shadow: 0px -1px 1px #80ab5d;
}
.a-btn-text small{
    display: block;
    font-size: 11px;
    letter-spacing: 1px;
}
.a-btn-icon-right{
    position: absolute;
    right: 0px;
    top: 0px;
    height: 100%;
    width: 80px;
    border-left: 1px solid #80ab5d;
    box-shadow: 1px 0px 1px rgba(255,255,255,0.4) inset;
}
.a-btn-icon-right span{
    width: 38px;
    height: 38px;
    opacity: 0.7;
    border-radius: 20px;
    position: absolute;
    left: 50%;
    top: 50%;
    margin: -20px 0px 0px -20px;
    border: 1px solid rgba(0,0,0,0.5);
    background: #4e5c50 url(../images/arrow_down.png) no-repeat center center;
    box-shadow:
        0px 1px 1px rgba(255,255,255,0.3) inset,
        0px 1px 2px rgba(255,255,255,0.5);
    transition: all 0.3s ease-in-out;
}

ボタンをマウス オーバーした時にはボックスシャドウを変更し、価格を表示させてアイコンをフェイドアウトさせています。

.a-btn:hover{
    box-shadow:
        0px 1px 1px rgba(255,255,255,0.8) inset,
        1px 1px 5px rgba(0,0,0,0.4);
}
.a-btn:hover img{
    transform: scale(10);
    opacity: 0;
}
.a-btn:hover .a-btn-slide-text,
.a-btn:hover .a-btn-icon-right span{
    opacity: 1;
}

アクティブステータス時には、あたかもボタンが押されているかのような効果を出す為インセットシャドウをセットしているのと、右側の矢印アイコンは肥大させています。

.a-btn:active {
    position:relative;
    top:1px;
    background:#80ab5d;
    box-shadow:1px 1px 2px rgba(0,0,0,0.4) inset;
    border-color: #a9db80;
}
.a-btn:active .a-btn-icon-right span{
    transform: scale(1.4);
}

Demo 2

AnimatedButtons 02 CSS3の気になる効果でアニメーションボタン

2つ目のデモは1つ目とよく似ているのですが、別の効果を適用させています。

HTMLマークアップ

HTMLのマークアップは1つ目のデモと同じです。

CSSスタイリング

スタイル設定も1つ目のデモとほぼ同じですが、色を変えてあります。それとマウス オーバー時に少し違う効果を与えています。価格部分はノーマル時「0」の設定からオリジナルサイズまで戻しているのと、アイコンは消滅、そして矢印のspanタグは背景色が赤に変わります。

.a-btn:hover{
    box-shadow:
        0px 1px 1px rgba(255,255,255,0.8) inset,
        1px 1px 5px rgba(0,0,0,0.4);
}
.a-btn:hover img{
    opacity: 0;
}
.a-btn:hover .a-btn-slide-text{
    opacity: 1;
    transform: scale(1);
}
.a-btn:hover .a-btn-icon-right span{
    opacity: 1;
    background-color: #bc3532;
}

アクティブ時も1つ目のデモとほぼ同じですが、やはり色を変更しました。ボタンを押すと、矢印アイコンが回転するようにしてあります。

.a-btn:active {
    position: relative;
    top: 1px;
    background: #5d81ab;
    box-shadow: 1px 1px 2px rgba(0,0,0,0.4) inset;
    border-color: #80a9da;
}
.a-btn:active .a-btn-icon-right span{
    transform: rotate(360deg);
}

Demo 3

AnimatedButtons 03 CSS3の気になる効果でアニメーションボタン

3つ目のデモでは全く違う効果に挑戦しています。ボタンがマウス オーバーされると下に展開し、そこに新たなメッセージが表示されるようになっています。矢印のアイコンは少しだけ回転させています。

HTMLマークアップ

HTMLのマークアップも、今までの2つとは若干異なります。スライドダウンされた場所に表示されるメッセージには「a-btn-slide-text」というクラスを与えています。

<a href="#" class="a-btn">
    <span class="a-btn-text">Register now</span>
    <span class="a-btn-slide-text">Get a promotion</span>
    <span class="a-btn-icon-right"><span></span></span>
</a>

CSSスタイリング

ボタンマウス オーバー時にアニメーションで追加メッセージを表示させる為に、ノーマル時にも一定の高さを維持します。「a-btn-slide-text」の部分の追加メッセージのポジションは絶対配置(absolute)で、マウス オーバー時に0から36pxまで高さをアニメーションさせます。

.a-btn{
    background: linear-gradient(top, #feda71 0%,#febb4a 100%);
    border: 1px solid #f5b74e;
    border-color: #f5b74e #e5a73e #d6982f;
    box-shadow: 0 1px 1px #d3d3d3, inset 0 1px 0 #fee395;
    padding: 0px 80px 0px 10px;
    height: 38px;
    display: inline-block;
    position: relative;
    border-radius: 4px;
    float: left;
    margin: 10px;
    overflow: hidden;
    transition: all 0.3s linear;
}
.a-btn-text{
    padding-top: 5px;
    display: block;
    font-size: 18px;
    white-space: nowrap;
    color: #996633;
    text-shadow: 0 1px 0 #fedd9b;
    transition: all 0.3s linear;
}
.a-btn-slide-text{
    position:absolute;
    top: 35px;
    left: 0px;
    width: auto;
    right: 52px;
    height: 0px;
    background: #fff;
    color: #996633;
    font-size: 13px;
    white-space: nowrap;
    font-family: Georgia, serif;
    font-style: italic;
    text-indent: 15px;
    overflow: hidden;
    line-height: 30px;
    box-shadow:
        -1px 0px 1px rgba(255,255,255,0.4),
        1px 1px 1px rgba(0,0,0,0.5) inset;
    transition: height 0.3s linear;
}
.a-btn-icon-right{
    position: absolute;
    right: 0px;
    top: 0px;
    height: 100%;
    width: 52px;
    border-left: 1px solid #f5b74e;
    box-shadow: 1px 0px 1px rgba(255,255,255,0.4) inset;
}
.a-btn-icon-right span{
    width: 38px;
    height: 38px;
    opacity: 0.7;
    position: absolute;
    left: 50%;
    top: 50%;
    margin: -20px 0px 0px -20px;
    background: transparent url(../images/arrow_right.png) no-repeat 50% 55%;
    transition: all 0.3s linear;
}

マウス オーバー時にはボタンと追加文字要素の高さを変更します。また矢印アイコンの角度を45度回転させます。

.a-btn:hover{
    height: 65px;
    box-shadow: 0px 1px 1px rgba(255,255,255,0.8) inset, 1px 1px 5px rgba(0,0,0,0.4);
}
.a-btn:hover .a-btn-text{
    text-shadow: 0px 1px 1px rgba(0,0,0,0.2);
    color: #fff;
}
.a-btn:hover .a-btn-slide-text{
    height: 30px;
}
.a-btn:hover .a-btn-icon-right span{
    opacity: 1;
    transform: rotate(-45deg);
}

アクティブ時はボタンが押されているように見える様、ボタンをほんの少し移動させ色の調整をしています。

.a-btn:active {
    position:relative;
    top:1px;
    background: linear-gradient(top, #fec354 0%,#fecd61 100%); /* W3C */
    border-color: #d29a3a #cc9436 #c89133;
    text-shadow: 0 1px 0 #fee1a0;
    box-shadow: 0 1px 1px #d4d4d4, inset 0 1px 0 #fed17e;
}

Demo 4

AnimatedButtons 04 CSS3の気になる効果でアニメーションボタン

4つ目のデモも3つ目と少し似ていて、今回は追加メッセージを右側の水平方向にスライドアウトさせています。これは「ボタンが開いたらメッセージが見えた!」ような効果にしています。

HTMLマークアップ

HTMLのマークアップは3つ目と同じです。

CSSスタイリング

スタイル設定は3つ目と同じような感じで、以下のようになります。変更部分は色と追加文字要素のポジションです。

.a-btn{
    background: linear-gradient(top, #80a9da 0%,#6f97c5 100%);
    padding-left: 20px;
    padding-right: 80px;
    height: 38px;
    display: inline-block;
    position: relative;
    border: 1px solid #5d81ab;
    box-shadow:
        0px 1px 1px rgba(255,255,255,0.8) inset,
        1px 1px 3px rgba(0,0,0,0.2),
        0px 0px 0px 4px rgba(188,188,188,0.5);
    border-radius: 20px;
    float: left;
    clear: both;
    margin: 10px 0px;
    overflow: hidden;
    transition: all 0.3s linear;
}
.a-btn-text{
    padding-top: 5px;
    display: block;
    font-size: 18px;
    white-space: nowrap;
    text-shadow: 0px 1px 1px rgba(255,255,255,0.3);
    color: #446388;
    transition: all 0.2s linear;
}
.a-btn-slide-text{
    position:absolute;
    height: 100%;
    top: 0px;
    right: 52px;
    width: 0px;
    background: #63707e;
    text-shadow: 0px -1px 1px #363f49;
    color: #fff;
    font-size: 18px;
    white-space: nowrap;
    text-transform: uppercase;
    text-align: left;
    text-indent: 10px;
    overflow: hidden;
    line-height: 38px;
    box-shadow:
        -1px 0px 1px rgba(255,255,255,0.4),
        1px 1px 2px rgba(0,0,0,0.2) inset;
    transition: width 0.3s linear;
}
.a-btn-icon-right{
    position: absolute;
    right: 0px;
    top: 0px;
    height: 100%;
    width: 52px;
    border-left: 1px solid #5d81ab;
    box-shadow: 1px 0px 1px rgba(255,255,255,0.4) inset;
}
.a-btn-icon-right span{
    width: 38px;
    height: 38px;
    opacity: 0.7;
    position: absolute;
    left: 50%;
    top: 50%;
    margin: -20px 0px 0px -20px;
    background: transparent url(../images/arrow_right.png) no-repeat 50% 55%;
    transition: all 0.3s linear;
}

マウス オーバー時にはボタンの右パディングを増やしているのと、「a-btn-slide-text」spanタグの幅を広げています。

.a-btn:hover{
    padding-right: 180px;
    box-shadow: 0px 1px 1px rgba(255,255,255,0.8) inset, 1px 1px 3px rgba(0,0,0,0.2);
}
.a-btn:hover .a-btn-text{
    text-shadow: 0px 1px 1px #5d81ab;
    color: #fff;
}
.a-btn:hover .a-btn-slide-text{
    width: 100px;
}
.a-btn:hover .a-btn-icon-right span{
    opacity: 1;
}

アクティブ時はボタンが押されているように見える様、インセットシャドウの適用と下方向に少し沈ませています。

.a-btn:active {
    position: relative;
    top: 1px;
    background: #5d81ab;
    box-shadow: 1px 1px 2px rgba(0,0,0,0.4) inset;
    border-color: #80a9da;
}

Demo 5

AnimatedButtons 05 CSS3の気になる効果でアニメーションボタン

5つ目のデモではアイコンにシンボルフォントを使用しています。マウス オーバーするとそれまで見えていたアイコンが消えて、矢印のアニメーションが現れる様な効果を実現させています。

HTMLマークアップ

今回の構造では、ボタンリンクの中に4つのspan要素があります。その中で「a-btn-slide-icon」クラスを持ったspanタグが、上から下へと移動する矢印アニメーションです。

<a href="#" class="a-btn">
    <span class="a-btn-symbol">Z</span>
    <span class="a-btn-text">Download Now</span>
    <span class="a-btn-slide-text">Windows Vista / Windows 7</span>
    <span class="a-btn-slide-icon"></span>
</a>

CSSスタイリング

左側でアイコンを表示させる為にフォントを使用するので、フォントも組み込ませる必要があります。矢印はトップの値に-30pxを設定することにより非表示にさせることが出来ます。

@font-face {
    font-family: 'WebSymbolsRegular';
    src: url('websymbols/websymbols-regular-webfont.eot');
    src: url('websymbols/websymbols-regular-webfont.eot?#iefix') format('embedded-opentype'),
        url('websymbols/websymbols-regular-webfont.woff') format('woff'),
        url('websymbols/websymbols-regular-webfont.ttf') format('truetype'),
        url('websymbols/websymbols-regular-webfont.svg#WebSymbolsRegular') format('svg');
    font-weight: normal;
    font-style: normal;
}
.a-btn{
    border-radius: 50px;
    padding: 10px 30px 10px 70px;
    position: relative;
    float:left;
    display: block;
    overflow: hidden;
    margin: 10px;
    background: linear-gradient(top, rgba(255,255,255,1) 0%,rgba(246,246,246,1) 74%,rgba(237,237,237,1) 100%);
    box-shadow:
        0px 0px 7px rgba(0,0,0,0.2),
        0px 0px 0px 1px rgba(188,188,188,0.1);
    transition: box-shadow 0.3s ease-in-out;
}
.a-btn-symbol{
    font-family: 'WebSymbolsRegular', cursive;
    color: #555;
    font-size: 20px;
    text-shadow: 1px 1px 2px rgba(255,255,255,0.5);
    position:absolute;
    left: 20px;
    line-height: 32px;
    transition: opacity 0.3s ease-in-out;
}
.a-btn-text{
    font-size: 20px;
    color: #d7565b;
    line-height: 16px;
    font-weight: bold;
    font-family: "Myriad Pro", "Trebuchet MS", sans-serif;
    text-shadow: 1px 1px 2px rgba(255,255,255,0.5);
    display: block;
}
.a-btn-slide-text{
    font-family: Arial, sans-serif;
    font-size: 10px;
    letter-spacing: 1px;
    text-transform: uppercase;
    color: #555;
    text-shadow: 0px 1px 1px rgba(255,255,255,0.9);
}
.a-btn-slide-icon{
    position:absolute;
    top:-30px;
    width: 22px;
    height: 22px;
    background: transparent url(../images/arrow_down_black.png) no-repeat top left;
    left:20px;
    opacity: 0.4;
}

マウス オーバー時は左側のアイコンをフェイドアウトさせ、矢印アニメーションを止まることなく再生させます。

.a-btn:hover{
    background: #fff;
    box-shadow:
        0px 0px 9px rgba(0,0,0,0.4),
        0px 0px 0px 1px rgba(188,188,188,0.1);
}
.a-btn:hover .a-btn-symbol{
    opacity: 0;
}
.a-btn:hover .a-btn-slide-icon{
    -webkit-animation: slideDown 0.9s linear infinite;
}

ボタンを押した時には、ボタンを赤に変化させインセットシャドウを適用させることにより「押されてる」効果を演出しています。

.a-btn:active{
    background: #d7565b;
    box-shadow:
        0px 2px 2px rgba(0,0,0,0.6) inset,
        0px 0px 0px 1px rgba(188,188,188,0.1);
}
.a-btn:active .a-btn-text{
    color: #fff;
    text-shadow: 0px 1px 1px rgba(0,0,0,0.3);
}
.a-btn:active .a-btn-slide-text{
    color: rgba(0,0,0,0.4);
    text-shadow: none;
}

最後に上から下への矢印アニメーションの設定です。

@keyframes slideDown {
    0% { top: -30px; }
    100% { top: 80px;}
}

Demo 6

AnimatedButtons 06 CSS3の気になる効果でアニメーションボタン

今回はちょっと豪快に行きましょう!真ん中に星が入った円形ボタンの操作を行います。もっちろんマウス オーバー時には真ん中の星は回転させますよ♪しかもパルス機能付きです。それから追加メッセージを表示させています。

HTMLマークアップ

ここでは3つのspanタグをボタンリンクで囲んでいます。最後の一つはマウス オーバー時に現れる隠れメッセージです。

<a href="#" class="a-btn">
    <span></span>
    <span>Sign up</span>
    <span>It's free!</span>
</a>

CSSスタイリング

今回のデモでは「nth-child」を使用します。spanタグは3つあるので「.a-btn span:nth-child(1)」「.a-btn span:nth-child(2)」「.a-btn span:nth-child(3)」と分けておきましょう。

それから円形ボタンを作成し、ファンシーなボックスシャドウを適用させます。水平方向の真ん中にメインの文字を配置する為に、displayプロパティは「table-cell」にセットします。星と隠れメッセージのポジションは絶対配置(absolute)です。

.a-btn{
    width: 120px;
    height: 120px;
    border-radius: 50%;
    display: block;
    margin: 20px;
    float: left;
    background: #f0ad4e;
    position: relative;
    box-shadow:
        0px 0px 5px 0px rgba(246, 212, 163, 0.5) inset,
        0px -1px 5px 4px rgba(170, 77, 27, 0.2) inset,
        0px 0px 0px 7px #fff,
        0px 0px 1px 8px rgba(188, 188, 188, 0.4),
        0px 0px 0px 9px #fff;
    transition: all 0.3s linear;
}
.a-btn span{
    display: table-cell;
    width: 80px;
    height: 80px;
    padding: 20px;
    text-align: center;
    vertical-align: middle;
    font-size: 26px;
    color: #fff;
    text-shadow: 0px 1px 1px #A03F16;
    font-family: "Arvo", "Myriad Pro", "Trebuchet MS", sans-serif;
    transition: all 0.3s linear;
}
.a-btn span:nth-child(1),
.a-btn span:nth-child(3){
    position: absolute;
    top: 0px;
    left: 0px;
    font-size: 40px;
    line-height: 36px;
    opacity: 0;
}
.a-btn span:nth-child(1){
    background: transparent url(../images/star.png) no-repeat center center;
    opacity: 0.2;
}

マウス オーバー時にはボタンのボックスシャドウを変更し、持ち上がったかのように見える様にします。隠れメッセージを表示させ、元々表示されていた文字はフライアウト・アニメーションを適用させます。星には回転アニメーションを加えています。

.a-btn:hover{
    background: rgba(170, 77, 27, 0.6);
    box-shadow:
        0px 0px 5px 0px rgba(246, 212, 163, 0.5) inset,
        0px -1px 5px 4px rgba(170, 77, 27, 0.2) inset,
        0px 0px 0px 7px #fff,
        1px 4px 5px 8px rgba(188, 188, 188, 0.6),
        0px 0px 0px 9px #fff;
}
.a-btn:hover span:nth-child(3){
    opacity: 1;
}
.a-btn:hover span:nth-child(2){
        transform: scale(0);
    opacity: 0;
}
.a-btn:hover span:nth-child(1){
    animation: rotate 1s linear;
}

クリックしたらボタンが押されているように設定しましょう。

.a-btn:active{
    box-shadow:
        0px 0px 5px 0px rgba(246, 212, 163, 0.5) inset,
        0px -1px 5px 4px rgba(170, 77, 27, 0.2) inset,
        0px 0px 0px 7px #fff,
        0px -1px 0px 8px rgba(188, 188, 188, 0.3),
        0px 0px 0px 10px #fff;
}
.a-btn:active span:nth-child(2){
    color: rgba(170, 77, 27, 0.8);
    text-shadow: 0px 1px 1px rgba(255, 255, 255, 0.6);
}

回転とパルスアニメーションはこのように設定します。

@-webkit-keyframes rotate{
    0% { transform: scale(1) rotate(0);}
    50% { transform: scale(0.5) rotate(180deg);}
    100% { transform: scale(1) rotate(360deg);}
}

Demo 7

AnimatedButtons 07 CSS3の気になる効果でアニメーションボタン

最後のデモは、ボックスシャドウをうまく使って3D効果を演出しています。

HTMLマークアップ

HTML構造は5つ目のデモと同じです。

CSSスタイリング

CSSのスタイル設定も5つ目のデモとよく似ています。色と影のを少し変更しました。

.a-btn{
    border-radius: 10px;
    padding: 10px 30px 10px 70px;
    position: relative;
    float:left;
    display: block;
    overflow: hidden;
    margin: 10px;
    background: linear-gradient(top, #b7f2f4 0%,#7ce7ea 100%);
    border: 1px solid #90c6c8;
    border-color: #90c6c8 #78bdc0 #65b6ba;
    box-shadow:
        0px -5px 0px 0px #458a8c,
        0 1px 1px #d5d5d5,
        0 1px 0 rgba(255,255,255,0.8) inset;
    transition: all 0.2s linear;
}
.a-btn-symbol{
    font-family: 'WebSymbolsRegular', cursive;
    color: #437b7d;
    text-shadow: 0 1px 0 #bef3f5;
    font-size: 20px;
    position:absolute;
    left: 20px;
    width: 20px;
    text-align: center;
    line-height: 32px;
    transition: all 0.3s ease-in-out;
}
.a-btn-text{
    font-size: 20px;
    color: #437b7d;
    text-shadow: 0 1px 0 #bef3f5;
    line-height: 16px;
    font-weight: bold;
    font-family: "Myriad Pro", "Trebuchet MS", sans-serif;
    display: block;
}
.a-btn-slide-text{
    font-family: Arial, sans-serif;
    font-size: 10px;
    letter-spacing: 1px;
    text-transform: uppercase;
    color: #555;
    text-shadow: 0px 1px 1px rgba(255,255,255,0.9);
}

マウス オーバー時にはボタンを拡大し、内部の小さなアイコンを回転させています。

.a-btn:hover{
    transform: scale(1.05);
}
.a-btn:hover .a-btn-symbol{
    opacity: 0.5;
    transform: rotate(360deg);
}

ボタンをクリックした際には、ボタンを小さくしているのとボックスシャドウを調整することにより「押された」感を演出しています。

.a-btn:active{
    transform: scale(0.95);
    box-shadow:
        0px 0px 0px 1px #458a8c,
        0 1px 1px #d5d5d5, inset 0 1px 0 rgba(255,255,255,0.8),
        0px 1px 1px 2px #fff;
}

これで全部です!このデモを参考にしてCSS3で色々面白いボタンを作ってみてくださいね。

参考サイト