この記事は、http://css-tricks.com/ の Chris Coyier の許可を得て、翻訳しています。一部変更して翻訳している部分もある場合があります。オリジナルの記事はここよりご覧いただけます。

CSSでサウンド再生する方法をググると、大抵以下の様な検索結果が出るかと思います:

  1. Counter Strike: Sourceに関する何やら。
  2. play-duringやcue-beforeに関する何やら。 こちらは一見使えそうに見えますが、実際には古いブラウザでメニューアイテムをロールオーバーした時に奇妙な音を立てるための機能だけでなく、聴覚スタイルシート(アクセシビリティとかスクリーンリーダー等)をサポートするためのものです。

サウンドもまたデザインの一部なのだから、CSSでコントロール出来るべきだと思うのですが、残念ながらまだそこまでは至っていません。指定したエリアをマウスオーバーした時にサウンドが再生されるようにするには、HTML5かFlashに頼らなければなりません。でもこれを読んでいる皆さんはFlashを使うよりも、HTML5を使って再生する方が興味があるはずです。

HTML5では<audio>要素(Firefox 3.5+、 Chrome 3+、 Opera 10.5+、 Safari 4+、 IE 9+で対応)を使って、サウンド再生することが出来ます。ブラウザのサポートを最大限活用するために、MP3ソース(WebKitとIE)とOGGソース(ForefoxとOpera)の両方を使ってみましょう。

<audio>
        <source src="audio/beep.mp3"></source>
        <source src="audio/beep.ogg"></source>
        Your browser isn't invited for super fun audio time.
</audio>
   

上記のコードを丸々そのままページに記述したとしても、何も見えないし聞こえません。小さなプレイヤーを表示させたいなら、コントロール属性(<audio controls>)を使う必要があることを覚えておきましょう。音源だけ再生させてプレイヤーを表示させたくない場合は、オートプレイ属性(<audio autoplay>)が必要となります。

今回の我々のゴールは、メニュー項目など特定の要素の上にマウスオーバーさせると、サウンドが再生されるということです。しつこくなりますが、残念ながらCSSで<audio>要素に指示を与えることは出来ませんので、JavaScriptを使用することになります。JavaScriptを使ってサウンド再生するには以下のようなコードになります:

var audio = document.getElementsByTagName("audio")[0];
audio.play();

// or with an ID

var audio = document.getElementById("mySoundClip");
audio.play();
   

イベントの取り扱いと選択が簡単になるので、jQueryを使ってみましょう。

var audio = $("#mySoundClip")[0];
audio.play();
   

ではこれに、指定した要素をマウスオーバーした時にサウンド再生するようにコードを加えます:

var audio = $("#mySoundClip")[0];
$("nav a").mouseenter(function() {
  audio.play();
});
   

その他の方法

Goodfootモバイルアプリのティーザーページでは「Available on the App Store」をホバーすると変な唸り声が聞こえるという、似たようなテクニックが使われています。このページではアイコンがホバーされる度に、DOMに新しいオーディオ要素が注入されるようになっています:

   $("#speak").mouseenter(function(){
        $("<audio></audio>").attr({
                'src':'audio/'+Math.ceil(Math.random() * 5)+'.mp3',
                'volume':0.4,
                'autoplay':'autoplay'
        }).appendTo("body");
});
   

同様にOGGもサポートするには、もう少し改善しないといけないところもありそうですね。W3Cのスペックでも他のどこでも見かけたことがないので、ボリューム属性がどうなっているかはちょっとハッキリとは分かりません。こちらはジェフリー・ウェイさんによる修正版です:

   function addSource(elem, path) {
       $('<source>').attr('src', path).appendTo(elem);
   }

$("#speak").mouseenter(function(){
     var audio = $('<audio />', {
       autoPlay : 'autoplay'
     });
     addSource(audio, 'audio/'+Math.ceil(Math.random() * 5)+'.mp3');
     addSource(audio, 'audio/'+Math.ceil(Math.random() * 5)+'.ogg');
     audio.appendTo('body');
});
   

きちんと動作するように見えるし、言ってみればそれが最低条件なので、このアプローチの仕方はとてもいいと思います。一度サウンド再生されると、キャッシュされて再生速度が上がるようなのですごくいいですね。
他に考えうる方法としては、3つのオーディオ要素全てをページに記述してしまうことでしょうか。

   <audio preload="auto" id="sound-1" > ... src & fallback ... </audio>
<audio preload="auto" id="sound-2" > ... src & fallback ... </audio>
<audio preload="auto" id="sound-3" > ... src & fallback ... </audio>
   

それから、この内の1つがランダムで選択されるようにします:

   $("#speak").mouseenter(function() {
    $("#sound-" + Math.ceil(Math.random() * 3))[0].play();
});
   

トライアルと問題点:サウンドオーバーラッピング

私の元々のアイデアは「ナビゲーションメニュー等をホバーすると小さなクリック音が再生される」というものでしが、すぐに問題点が浮かび上がりました:.play( )をトリガーするメニューアイテムを、サウンド音が終わるよりも断然早くホバー出来てしまうということです。単体のオーディオ要素は自分自身のサウンドをオーバーラッピング再生させることは出来ません。サウンドが再生し終わるまでは.play( )のリクエストを無視し続けてしまいます。
この対策として、まず.pause( )でサウンド再生を停止させて再度.play( )させることを思い付きました。けれどあまりうまくいきませんでした。きちんと停止してはくれるのですが、その後再び再生されないことが何度もあったのです。

一番スムーズに行く方法としては、オーディオ要素を全てのメニューアイテム用に複製することでした。こうすればメニューアイテム1つ1つがオーディオ要素を所有しているので、サウンド再生もオーバーラップも可能になります。

   $("nav a") // loop each menu item
  .each(function(i) {
    if (i != 0) { // only clone if more than one needed
      $("#beep")
        .clone()
        .attr("id", "beep-" + i)
        .appendTo($(this).parent());
    }
    $(this).data("beeper", i); // save reference
  })
  .mouseenter(function() {
    $("#beep-" + $(this).data("beeper"))[0].play();
  });
  $("#beep").attr("id", "beep-0"); // get first one into naming convention